1904

オリス川
オリス川

1904年、ヘルシュタインにポール・カッティンとジョルジュ・クリスチャンがオリス時計工場を設立しました。

二人共時計生産の中心地スイス・ジュラ渓谷ル・ロックルの出身で、すでに閉鎖されていたローナー社の時計工場を引き継ぎ、たった24人の職人でのスタートでした。

オリスの社名はスイス北西部にある町、ヘルシュタインを流れる小川とオリス渓谷に由来しています。

1904年から1927年まで、会社設立者であるジョージ・クリスティンが会社をマネージメントしていました。
1904年から1927年まで、会社設立者であるジョージ・クリスティンが会社をマネージメントしていました。