1925

オリスは1925-1978年ハーベッツェルの電気メッキ工場をオープンしていました
オリスは1925-1978年ハーベッツェルの電気メッキ工場をオープンしていました

1925年を境にしてオリスは電気メッキ工場をオープン、それを機にリーズナブルなプライスで高品質時計の専門的な生産を開始しました。

オリスは懐中時計に合うシンプルなブレスレットバックルを開発し、その技術は腕時計の生産にも大いに役立っています。

ピンレバームーブメントを装備したオリスの時計は、まずイギリスでそれを待ち構えていた消費者を確保し、やがてイギリスの全植民地や南米にも市場を広げました。