新着情報

レディ、セット、ゴー! チームオリスはその丘へ向かう。

15.10.2008 - レディ、セット、ゴー! チームオリスはその丘へ向かう。

写真からみる風景:南ドイツの初秋。美しい景色、太陽、そして穏やかな気候。しかし、向こうからやってくるあれは何だろうか?チームオリスだ!

シャウインスランドキングはドイツ南西部の町フライブルク近郊で年に一度行われるサイクリングイベント。フライブルクはスイスから国境を越えたところに最も近い町のひとつであり、アウトドアレジャーに人気のエリア。

チームオリスとは、うち一人にオリス プロダクトデザイン&デブロップメントのヘッドを務めるラルフ・ヒルビッチ(まさに時間を中心に人生が廻っているような男!)を含む、オリスがスポンサーする6人の選手で構成されるサイクリングチームだ。

果敢なサイクリスト達は、標高1170mのシャウインスランド山頂にちょうど3時間オーバーのコンバインドタイムで到着。コース自体は11.5kmあり、高低差はスタートからフィニッシュまで800m近くに及ぶ。

イベントのオフィシャルタイムはマイクロチップテクノロジー使用でデジタル的に計測されたが、チームには、独自のタイム計測システムが装備されている-もちろんオリスの提供によるもの!

イベント終了後、消耗したラルフはこうコメントした:″僕達が今回のレースに着用したクロノグラフは、まさにスポーツに最適な時計であることを証明してくれたよ。 ストラップは手首にぴったりとフィットするし、レース中に自分たちの様子を確認できるのは素晴らしいこと。シャウインスランドキングはタフなイベントだけど、今日はチームオリスにとって素晴らしい結果を残せたと思う。″

何度も試され培われた機能、そしてスポーツへの理想:
モータースポーツワールドから生まれたオリスクロノグラフ

(TT3 and Williams F1 collection), diving, aviation and culture.


Gallery