新着情報

ニコとカズキ、インサイド・トラックイベントに参加 ニコとカズキ、インサイド・トラックイベントに参加

18.06.2009 - ニコとカズキ、インサイド・トラックイベントに参加

AT&T Williamsのドライバーでオリスのアンバサダーでもあるニコ・ロズベルグと中嶋一貴は、昨日ロンドンで開催されたオリスのスペシャルイベント、“インサイド・トラック”イベントでも大変な人気でした。

シルバーストーンで開催されるイギリスグランプリに先駆け、ドライバーにまつわることからイギリスでも最大級のスポーツイベントであるF1グランプリに向けての準備作業に至るまで、オリスはゲストに様々な知識を提供しました。

ロンドンの中心にある‘Dreamvault’がモータースポーツパドックに姿を変え、二人のドライバーはゲストをトラックに案内し、F1スターに必要な資質を披露しました。

大きなイベントは時に規模を縮小して開催されなければならないことがあります。オリスも今回はサイズダウンをはかり、スケーレックストリックのシルバーストーントラックを採用しました!6m x 3mのトラックは本物のシルバーストーンに比べるとずいぶん小さいものですが、ドライビングは困難です!ドライバーの二人は素晴らしい技術を披露し、彼らの打ち出したファステストラップタイムを掲げゲストたちに勝負を挑みました。

ファステストラップを記録したニコは、「本当に楽しいイベントでした。チームのホームグランプリとなる次のグランプリまでの間に、何か違うことができてよかったです」とコメント。

そしてカズキは、「僕たちはほとんどの練習をシュミレーターで行うのですが、オリスが用意してくれた今回のレースはそれとはまた全然違っていてすごく面白かったです!」とコメントしました。

オリスUKセールスマネージャーのPaul Thurlowは「ニコとカズキの二人が参加してくれて、今日のイベントは最高でした!ゲストの皆さんにはフォーミュラワンの世界をじっくりご覧頂くことができました。 AT&T Williamsとのスポンサーシップの一環としてオリスがこのようなイベントを開催できるのは素晴らしいことです」とイベントについての感想を語りました。

“インサイド・トラック”イベントの様子をご覧になりたい方はギャラリーへどうぞ。


Gallery

ギャラリーはこちら