新着情報

AT&T ウィリアムズとのパートナーシップを強化

11.03.2011 - AT&T ウィリアムズとのパートナーシップを強化

スイス時計メーカー、オリスは2011年、英国を本拠地とするフォーミュラ1チーム、AT&T ウィリアムズとのスポンサーシップをより強化いたしました。その結果、オリスのロゴは昨年に増して、さらに露出が増えることになります。

オリスとウィリアムズのサクセスフルなパートナーシップは、今年で8年目に突入いたします。この継続して有益な関係を記念して、2011年、ウィリアムズはさらなるオリスのブランド露出の増加を予定しています。 ロゴは二台のFW33ノーズ部分両サイド、フロントウィングのエンドプレート両方に見えます。 ドライバースーツとチームユニフォームにおいては、胸部、グローブ、ヘルメットにロゴが入ります。また、今年からは、ロリポップマンの背中にオリスロゴ、オリスのレッドローターがロリポップに入ります。

オリス会長のウーリックW.エルゾックは「名声あるF1界はオリスのプローモーションをするにあたり、まさに最適な舞台です。真の機械式時計ブランドとして、AT&T ウィリアムズチームの厳しいレース環境、クオリティと成功へのこだわりに、オリスも共感しています。結果を出すために尽力するというその精神はまさに我々の企業理念 “ real watches for real people –本物時計を本物の人へ-”を反映しています。 」とコメントしています。

また、これに対し、AT&T ウィリアムズ代表、サー・フランク・ウィリアムズは「素晴らしいパートナーが我々チームとの契約を更新してくださることは常に大変光栄なことです。それは、我々がパートナーに対して貢献し、投資に対してのお返しができているということを意味します。オリスは我々にとって、最も長いパートナーシップを結んでいる企業のひとつで、またこの関係を維持できることを嬉しく思います。今シーズンもご一緒できること、またオリスのサポートに対するお返しとしてレースでの成功を楽しみにしています。」とコメントしています。

モータースポーツコレクションへ