新着情報

オリス、ウィリアムズとのパートナー契約を継続

06.03.2014 - オリス、ウィリアムズとのパートナー契約を継続

オリスはウィリアムズF1チームとのパートナー契約を継続します

スイスの腕時計メーカー、オリスは、歴史あるフォーミュラワンチーム、ウィリアムズのサポートを継続します。2014年シーズンは、マシンのノーズ部分の一層目を引く位置にオリスのロゴが置かれることになりました。また、今までどおりドライバーやメカニックが着用するオーバーオールや、ドライバーのグローブとヘルメット、チームスタッフが身につけるウエアにもオリスのロゴが入ります。


オリスは2003年からウィリアムズF1チームのオフィシャルパートナーを続けています。オリスとウィリアムズは、独立企業であることや、細部に及ぶ正確さへのこだわり、偉業を達成するために全力で取り組む情熱など、多くの価値観を共有しています。

オリス会長のウーリック・W・エルゾックは「ウィリアムズという名門F1チームとのパートナーシップを続けることで、オリスの名前はこれからも広く知られていくことでしょう。パートナー契約の更新もこれで12シーズン目。オリスはウィリアムズをより強固にサポートしていきます。わたしたちは、機械式腕時計にこだわるスイスウォッチブランドとして、
我々と同様に常にハイレベルなものを要求されるF1レースの世界と、高いクオリティと成功を求めて努力をする彼らの姿勢に強く共感しているのです」とコメントしています。

ウィリアムズの代表、フランク・ウィリアムズ卿は「オリスとのパートナーシップはもう12年にもなります。オリスのことは家族の一員のように思っているので、2014年もまたこの関係が継続されることを大変嬉しく思っています。我々は互いに独立経営を行う誇るべき伝統と革新の歴史を持ったチーム、ブランドであり、新たなテクノロジーを意欲的に取り入れている点も共通しています。強固なパートナーシップはウィリアムズのような独立チームにとっては必要不可欠であり、オリスのサポート継続は、ウィリアムズが今シーズン勝利を達成する助けになってくれることでしょう」と述べています。