新着情報

完璧であることを求めて

17.04.2014 - 完璧であることを求めて

オリス最新広告キャンペーンの顔はニコラス・ツェー。
ニコラス・ツェーは今後も引き続きオリス・アンバサダーとして活躍します。

スイスのウォッチメーカー、オリスは、香港をベースに活躍する俳優で起業家のニコラス・ツェーとのパートナーシップを継続し、最新の広告キャンペーンに起用しています。背景にある香港のきらびやかな街とは対照的に、自分だけの場所を探し求めるツェー。この新しい広告は、自身に忠実であり続けるというオリスのフィロソフィーを完璧に表現しています。

色とりどりの明かりで彩られる熱気に満ちた眠らぬ街・香港の夜景を背景にした、オリスの新作モデル「アーティックス・ポインタームーン」の最新広告キャンペーンに、オリスはニコラス・ツェーを起用しています。大きな野心と自分自身に忠実でありたい気持ちの微妙な均衡を捉えた写真は、ツェーとオリスの永遠に終わらない完璧と本物を探求する姿勢を表現しています。

オリス会長のウーリック・W・エルゾックは、「110年に亘る上質な時計作りの歴史を持つブランドとして、オリスは製品の一つ一つのデザインと製造に注ぎ込む情熱に大変誇りを持っています。最新の広告キャンペーンではオリスの情熱と本物であることへの追及を表現したかったのですが、素晴らしい俳優そしてビジネスマンでもあるニコラス・ツェーが、オリス・アンバサダーとしてこの世界観を見事に形にしてくれました」とコメントしています。

また、ニコラス・ツェーは「“real watches for real people(本物の時計を本物の人たちへ)”というオリスの哲学と私自身の考え方には、いつも一貫するものを感じています。今回の広告キャンペーンでは、私たちは自分自身に忠実であることを追求しました。プロフェッショナルとしての理想を共有できるオリスというブランドとのパートナーシップを今後も継続できることを誇りに思っています」とコメントしています。