アヴィエーション

スイス ハンターチームとフリーガーミュージアム アルテンハイン

スイス ハンターチーム

ドン・ヴィト・ウィプレヒテガーと彼の航空機

  • アヴィエーション
  • スイス ハンターチームとフリーガーミュージアム アルテンハイン
  • Oris ドン・ヴィト・ウィプレヒテガー
  • Oris ブルーイーグルス
  • オリスとピーター・ヴァッチャー
  • オリスとポリー・ヴァッチャー
  • アヴィエーション、ビッグクラウンの第ニ次世界大戦でのストーリー

オリスは1940年代に発表した初のポインターデイト付ウォッチ以来、長年特色あるパイロットウォッチを制作しています。また、現代とクラシック両方のアヴィエーションスピリットからインスピレーションを得つつも、オリスはアヴィエーションチーム等へのサポートにも意欲的に取り組んでおり第一級のアヴィエーションウォッチの制作を続けています。

迫力あるオリスのアヴィエーションワールドには、有名なチームやパイロット達の存在があります。その中にはスイス北東部を拠点に活動し元スイス空軍のパイロット達で構成されている、スイス・ハンターチームがあります。彼らはホーカー・ハンタージェット機を含む様々な有名な航空機で現在も飛行を続けており、オリスのビッグクラウンコレクションなど新しいパイロットウォッチのテスティングやデザイン制作に携わっています。

また、エアロバティックパイロットの、ドン・ヴィト・ウィプレヒテガーもパイロットウォッチの開発に役立っている存在です。2010年、ヴィトは初のスイス人パイロットとして、世界的に有名で名門のリノ・エアーレースに参加することになっています。また2008年より、ヴィトはオリスのパイロットウォッチをコックピット操縦時に着用しており、彼からのフィードバックを参考に、実際に新作のBC3 アヴィエーションコレクションなど複数の新作の開発が行われています。オリスはこのようなプロフェッショナルなキャリアを持つヴィトをサポートしていることを光栄に思っています。

さらに、2008年から2010年始めにかけて、オリスは世界で唯一本物とされるエアロバティックヘリコプターディスプレーチームである、ブルーイーグルス ヘリコプターディスプレーチームのスポンサーを行っていました。BC4コレクションは彼らが操縦する航空機からインスパイアを受けており、またパイロット達が使用した感想は非常に貴重なものとして参考にされました。