アヴィエーション、ビッグクラウンの第ニ次世界大戦でのストーリー

オリスとポリー・ヴァッチャー

離陸直前にUSAベースで時計を合わせるアメリカ空軍パイロット

マッシブなリューズがパイロットウォッチにその名前を授けた:オリスビッグクラウン。

  • アヴィエーション
  • スイス ハンターチームとフリーガーミュージアム アルテンハイン
  • Oris ドン・ヴィト・ウィプレヒテガー
  • Oris ブルーイーグルス
  • オリスとピーター・ヴァッチャー
  • オリスとポリー・ヴァッチャー
  • アヴィエーション、ビッグクラウンの第ニ次世界大戦でのストーリー

長年に渡りパイロットウォッチコレクションを制作し続けている会社がアヴィエーションのスポンサーとして歴史をフィーチャーした活動することは理にかなっています。そしてオリスは伝統的な航空機の精神からインスピレーションを引継ぎ新たな偉業を成し遂げた航空機を積極的に支援しています。

最も最近では2005年、オリスはピーター・ヴァッチャーによって英国へ送り返されたMark1 Hurricane R4118の復元を記念した時計を発表しました。2003年には、北、南の両極経由で単独飛行世界一周を成し遂げ、その収益を身体に障害のある人々の為のフライングスクーラーシップの奨学金として支援したポリー・ヴァッチャーの主スポンサーそしてウォッチパートナーとなっています。しかし最も特筆すべきオリスウォッチの出来事は、第二次世界大戦中に分厚いレザーグローブを着けたままでも調節し易い大ブリのリューズをスイスのウォッチメーカーが開発した第二次世界大戦時に遡ります。