Oris ドン・ヴィト・ウィプレヒテガー

スイス ハンターチームとフリーガーミュージアム アルテンハイン Oris ブルーイーグルス

コックピットでのドン・ヴィト

ドン・ヴィトが操縦する、スカーレット・スクリーマー

  • アヴィエーション
  • スイス ハンターチームとフリーガーミュージアム アルテンハイン
  • Oris ドン・ヴィト・ウィプレヒテガー
  • Oris ブルーイーグルス
  • オリスとピーター・ヴァッチャー
  • オリスとポリー・ヴァッチャー
  • アヴィエーション、ビッグクラウンの第ニ次世界大戦でのストーリー

ドン・ヴィト・ウィプレヒテガー (Don Vito Wyprächtiger)は夢を抱き、任務を背負って空を飛び回っています。彼は15歳のときからエアロバティックパイロットになることを夢見ていました。その夢をかなえるために彼は多くの時間をコックピットで過ごし、技術を磨いてきました。そして努力は実り、ヴィトは弱冠23歳で'Advanced’エアロバティックカテゴリーのスイスチャンピオンとなりました。しかし、飛行することや航空機に対する愛情は単に情熱からくるものではなく、彼にとっては職業でもあります。エアロバティックパイロットとして何年も仕事をする中で、常に最高の技術を身につけようとしてきたドン・ヴィトは、高い技術を有する航空機整備工として2008年よりエアレース・ワールドチャンピオンのハンネス・アルヒの技術責任者も務めています。ドン・ヴィトは自らの手で成功への道を進み続けているのです。

2010年はオリス ビッグクラウン エアレーシングチームが米・ネバダ州で開催された、世界中のエアレースの中で最も古い歴史を持つリノ・エアレースに初参加し、オリスの歴史にまた新たな1ページが刻まれた年となりました。チームパイロットであるドン・ヴィト・ウィプレヒテガーは本レース史上初のスイス人として参戦。初出場にも関わらず、見事フォーミュラゴールドレースにおいて2位を獲得しました。BC3エアレーシング リミテッドエディションはこの素晴らしい功績を称える為に特別に製作された、1000本の限定モデルです。

プロダクトページへ