ニコ・ロズベルグ (2006 – 2009)

中嶋一貴(2007 – 2009) マーク・ウェバー(2005 – 2007)

自身の限定モデルを着用したニコ・ロズベルグ

Ref No. 635 7586 7184-セットボックス付 Ref No. 635 7586 7184-セットボックス付

オリス ニコ・ロズベルグ リミテッドエディション

  • モータースポーツ
  • Audi Sport Partnership (2014)
  • Valtteri Bottas (as of 2013)
  • Susie Wolff (as of 2012)
  • Pastor Maldonado (2011 – 2013)
  • オリス ニコ・ヒュルケンベルグ
  • Darryl O’Young (2010 – 2014)
  • RAID Suisse-Paris (2010 – 2013)
  • 中嶋一貴(2007 – 2009)
  • ニコ・ロズベルグ (2006 – 2009)
  • マーク・ウェバー(2005 – 2007)
  • ラルフ・シューマッハ(2003 – 2004)
  • アラン・マクニッシュ(2002)

デビューして間もない頃から多くの人に未来のF1チャンピオンと評されていたニコ・ロズベルグ。父親はフィンランド人の元F1チャンピオン、ケケ・ロズベルグ、母親はドイツ人で、ニコは母の母国ドイツの国籍でレースに参戦することを選びました。1996年、11歳でカートを始め、ドイツのフォーミュラBMW、フォーミュラスリー・ユーロシリーズ、そしてGP2に参戦するなど瞬く間にキャリアを重ね、2006年にはウィリアムズと契約を交わしました。またデビューした年にはフォーミュラワン史上最年少でファステストラップを獲得する活躍を見せました。2008年オーストラリアグランプリでは初の表彰台となる3位を獲得。2009年にウィリアムズを離れ、新たなチームに活躍の場を移しました。

限定モデル、ニコ・ロズベルグ リミテッドエディションは、彼をイメージした回転ベゼルのアワースケールと、ダイヤル上に大きく表示されたニコのドライバーズナンバー“10”のインデックスが特徴的です。世界限定2400本で、この数字は彼がファステストラップを打ち出したときのコスワースV8エンジンのシリンダー容積を表しています。

モータースポーツコレクションへ