良い社会 をつくる

オリスは、選手としての活躍と人道的活動でアメリカ野球殿堂メンバーとなった、ロベルト・クレメンテの偉業を称える限定モデルを発表します。

伝説は生き続ける

ロベルト・エンリケ・クレメンテ・ウォーカーは20世紀のヒーローです。7人兄弟の末っ子として1934年にプエルトリコで生まれた彼は、後に野球史上に名を遺す選手になります。、17歳の時にプエルトリコのプロ野球界に入り、1年後にアメリカのロサンゼルス・ドジャースに入団します。。非凡な投球力でワールドシリーズを2回勝ち抜き、ゴールドグラブ賞を12回受賞、最後となった1972年9月の試合で3000本ヒットを達成し、ラテンアメリカ出身の選手として初の偉業を達成しました。

Oris Roberto Clemente Limited Edition

20世紀のヒーローの一人ロベルト・エンリケ・クレメンテ・ウォーカーは、1934年プエルトリコで7人きょうだいの末っ子として生まれ、後に野球史上に名を遺す名プレーヤーになります。17歳でプエルトリコのプロ野球選手になり、その翌年アメリカのブルックリンドジャーズに入団。比類ない強肩と抜群の運動能力で知られていますが、野球選手として有名なだけではありません。祖国やその周辺、自分の住む地域の為の慈善活動にも情熱的に取り組みました。ロベルト・クレメンテ財団を運営する、ロベルトの息子ルイスが財団のビジョンについて語ります。